文系プログラマーズCafe

プログラマーがフリーランスになったらネットで案件探しを

フリーランスの案件探しはネットが主流

フリーランスの案件探しはネットが主流

LINEで送る
Pocket

フリーランスの営業活動

エンジニアがWeb上を主戦場と考える場合はもちろん、そうではないシステム開発を得意とする場合であっても、フリーランスとして仕事の獲得のためにインターネットを利用するのは、今や主流になりつつあります。昔ながらの人脈からクライアントを見つけるのも大切ですが、その数には限度があります。しかしインターネット上であれば、世界中で出会いを待つクライアントに、直接アピールすることが出来るのです。例えばブログやホームページや専門サイトなどを通じて、これまでの実績を手軽に示すことが出来ます。もっともこのような方法は、あくまでクライアント側のアクションを待つことになり、効率の良いやり方とは言えません。そこでクラウドソーシングなどを利用した、クライアントとのマッチングを図るサービスもあります。あるいは中々解消されないエンジニア不足に目を付けて、専門のエージェントが転職ばかりではなく、フリーランス向けの開発案件や求人情報を紹介するサービスを展開しています。これはフリーランスにとって、ともすれば苦手としがちな営業活動を代わりに任せることが出来るため、大いに魅力的です。
引用:レバテックフリーランス

業務のことからメンタル面まで、不安な要素を払拭し安心して参画できるように全面的なサポートを行います。

レバテックフリーランス
プログラマの案件求人情報|レバテックフリーランス
プログラマーの案件に強い「レバテックフリーランス」では案件獲得以外にも様々な面でフリーランスをサポートしてくれるのでおすすめです。

専門エージェントの利用価値

フリーランスといえば聞こえがいいのですが、現実を見れば請負どころか下請けや孫請けといった立場に立つことさえあります。いくら立場が弱いとはいえ、せっかく仕事を受注してもこのように中間搾取されて、手元にはわずかの収入しか残らないというのでは、フリーランスの意味がありません。しかしその点専門エージェントの場合には、契約内容などをよく確認して、クライアントとの間に立つのはその一社のみという会社を選ぶことで、自分の身を守ることが出来ます。選択したエージェントの信用力次第では、フリーランスとして独力ではとても掴むことが出来ないような、大規模なプロジェクトに参加するチャンスを得られる可能性もあるのです。もっともフリーランスの悩みは、仕事の獲得に向けた営業活動だけではありません。フリーランスにとって仕事を受注すれば、そこから黙々とで仕事を完成させることが多いのですが、経験年数の浅いエンジニアの場合には不安が募ります。そのためエージェントによってはエンジニア側の期待に応えて、様々なフォロー体制を整えている場合があります。例えばメンタル面での相談にのったり、近況を確認したり、業務内容に関する悩みを聞いたりと、フリーエンジニアが仕事に集中出来る環境づくりを心掛けています。またフリーランスにとって一つの案件に集中していても、その完成から次の案件までの間にブランクが空くのは、不安なものです。従ってそのような空白を出来るだけ作らないよう、次の案件を迅速に提案するといった配慮も、サービスの一環として実践されているようです。

人気記事ピックアップ

フリーランスの案件探しはネットが主流

フリーランスになっても、インターネットにいつでもどこでも素早くアクセス出来るという大変便利な今の環境は、案件探しに有効です。これまでの営業といえば、人脈から少しずつ仕事の輪を広げるといったものでしたが、ネット上の潜在的なクライアントの数は桁違いです。そこでブログやホームページや専門サイトを上手に活用して、実績をアピールすることは大切です。しかしもっと効率よく仕事を獲得したければ、クラウドソーシングなどを利用したサービスや、求人情報や開発案件の情報を提供してくれる専門のエージェントを利用する手があります。

上流工程で差がつく

プログラミングの基礎を学んで、プログラマーとしての現場経験を積むうちに、最初は未経験から始めても、やがて上流工程を担当するようになるでしょう。プログラミングは慣れれば誰でも出来るようになるものですが、その知識を基に上流工程では、更にコミュニケーション能力が求められます。例えばクライアントから直接要求を聞き取って、正確にそれを汲み取った設計や要件定義が出来なければなりませんが、それは理系よりもむしろ文系が得意とするところかもしれません。相手の立場を想像して上手に情報を聞き出す技術や、相手に分かりやすく伝える技術が必要になるのです。

独学か学校か

プログラマーを目指してプログラミングの基礎を学ぼうという場合、独学でやり通す覚悟を固めるのは並大抵のものではありません。初心者向けの定評のある書籍も出回っており、ネット上にも情報は溢れていますが、そもそもふさわしい学習環境を整えなければなりません。そして疑問を解消するための検索方法を知らなければ歯が立ちませんし、躓いても自力で起き上がらなければなりません。その点学校に通えば、カリキュラムに沿って無理なく学習出来るように指導してもらえますし、共に頑張る友人も出来て、実践向けではなくても様々な経験も出来ます。